父親(オトン)が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。
5c748929787d8456aa3b7c85 5c748929787d8456aa3b7c85 5c748929787d8456aa3b7c85 5c748929787d8456aa3b7c85 5c748929787d8456aa3b7c85

父親(オトン)が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。

残り1点

¥700 税込

送料についてはこちら

1)本のおすすめするポイント   著者の布施太朗さんは元リクルート出身で、退職後別の会社でoton+toという事業を手掛けている方(この本では会社員となっています)です。  都心で働き、子どもが起きる前に出社し、子供が寝た後に帰宅するという、忙しいサラリーマンです。布施さんはそんな状況がおかしいと感じて子どもとの距離を縮めていきます。   子育て・育児分野のエッセイというと、型にはまった言い方ですが、人様のご家庭の中身が丸ごと公開(暴露)されています。  時系列にはなっていませんが、子どもが小学生という多感な時期です。私たちがいままで子どもと接する際に交わした会話と比較したり、するとそのリアル(当たり前か)さが伝わってきます。  小学校高学年になると、お父さんから少しずつ離れていきます。布施さんが息子のコタさんと話す会話、過ごす場所や時間が映像を見ているように伝わり、私たちと子供たちが今後どのように過ごしたらよいのか、  とてもいいヒントを与えてくれます。   個人的には息子のコタさんが本好きなのですが、神保町古本屋巡りを全力でしている場面がとてもよかったっすw(102ページあたり)。 2)こんな人にぜひ読んでほしい!  小学校低学年(1~2年生)のお子さんがいるお父さんにお薦めします。 3)気になることば    「本日は八時半から映画が始まります」(本文より)  家の中で、イベントをする…という発想はありませんでした。うーんやられたなー、この発想。さすがクリエイターの著者。   4)本の状態 全体的に汚れ、シミ、スレ、ヤケ、ヨレがあります。古書であることをご理解の上、ご注文ください。