「料理の哲学」 三國清三  カッコイイ!!
5c7359e468702449db3171eb 5c7359e468702449db3171eb 5c7359e468702449db3171eb 5c7359e468702449db3171eb 5c7359e468702449db3171eb

「料理の哲学」 三國清三  カッコイイ!!

残り1点

¥800 税込

送料についてはこちら

1)本のおすすめするポイント 哲学というタイトルにシビれます。飲食店って、究極のおもてなしのお仕事ですよね。 入店する前からのうわさ、お店の建物や植物、置物、看板、たたずまい。入店後のスタッフやシェフの対応。 すでに来店しているお客さまの雰囲気。 料理の見た目、もちろん味、スタッフやシェフとの会話。すべてにおいてお客様からの評価がくだされます。 まさに、接客業の総合格闘技ですね。 そんな格闘技において、三國さんは勝つだけではなく、勝ち方にこだわりがある。それが哲学。 「人と同じことをしたら終わり」  (第5章 料理人としての哲学 より) 「食事を本当にたのしんでもらうこと」  (第4章 すべてにもてなす心をこめて より) 「食材に迫るとはどういうことか」 (第1章 料理とは自然の恵みを理解すること より) 「自分のやりたいことをやれるのが本物」 (第5章 料理人としての哲学 より) どんどん読みたくなりますね。というわけで ↓こんな人によんでもらいたい↓です。 2)こんな人にぜひ読んでほしい! 人と同じことをやりたくない人におすすめします。 三國さんは、テレビカメラ(メディア)を厨房に入れたパイオニアでもあります。 住宅の一軒家に高級料理店を出した。前例がない仕事をする人なんです。 人と変わった仕事をしたい、いまの仕事に飽きている、など仕事で悩んでいる人にはぜひ手に取ってもらいたいです。 3)本の状態 カバーあり。全体的にスレ、ヤケ、ヨレがあります。古書であることをご理解の上、ご注文ください。